債務整理講座について

過払いとは

最近消費者金融の問題で、過払い金という言葉がしきりと紹介されていると思います。これは、消費者金融から借入をした場合、利息というものを元本に加えて返済をしないといけません。

 

利息は、自由にとっていいわけではなく、一定の利率の中で請求をするようにという決まりがあります。ところが消費者金融の中には、この決められた利率を超えて、利息を債務者から徴収をしている場合があります。

 

もちろん決められた利率を超える利息を請求すれば、この超過分の利息については無効となります。

 

もし支払いすぎた利息が発生している場合には、消費者金融は債務者に、違法にとった利息部分については返還をする義務が生じます。このことを過払い金請求という風に呼ぶわけです。

自己破産の費用

債務整理の中には、いろいろな種類がありますが、究極の債務整理の方法として、自己破産という方法があります。自己破産というのは、自分が持っている財産をすべて債権者に出して、それ以降の残債については、チャラにするという債務整理の方法を言います。

 

相手が自己破産をしているかどうか調査してもらうなら探偵に相談してみるのも良いでしょう。

 

この債務整理の方法はもし弁護士を使わずに自力で行った場合、費用は2万円から3万円といったところになります。しかし手続きが複雑で、弁護士もしくは司法書士に依頼をすることもあるかもしれません。

 

この場合には、弁護士や司法書士に報酬を支払わないといけません。事務所によってさまざまですが、弁護士の場合には20〜60万円、司法書士の場合には15〜35万円といった報酬を支払うのが相場になっているようです。